身軽な旅は最高!ヨーロッパ旅行の荷物を減らす7つのメリット

スポンサーリンク



旅行のパッキングしていると、ついついあれもこれも持って行きたくなりますよね。
でも、せっかく持っていったのに使わなかったというパターンも結構多いです。

以前の私は、「荷物が少ない=不便なんじゃないか」と思っており、沢山の荷物を持って旅行していました。
しかし、旅行の回数を重ねるごとに『これは持っていく必要ないな!』、『これは無くても問題ない!』と、どんどん荷物は減っていき、今では以前の半分以下に!

その結果、『荷物を減らすことで旅行の快適さが全然違う!!』ということに気づいてしまったんです。

そこで、今回は『ヨーロッパ旅行の荷物を減らす7つのメリット』をご紹介させていただきます。
旅行の荷物が多いという方は是非チェックしてみてください。

今の時期は旅行に行くことは難しいですが、旅行が再開した時の参考になると嬉しいです。

さっそく荷物を減らすことでどんなメリットがあるか見ていきましょう。

コインロッカーに荷物を預ける必要がなくなる

ホテルのチェックインまで時間がある場合、大きい荷物を持ったまま行動するのは大変ですよね。
その為、旅先でコインロッカーを使う方は多いと思います。

でも、ヨーロッパの街中のコインロッカーは意外と見つけるのに手間がかかります。
特に初めての場所では土地勘がないので、コインロッカーを探すだけでも一苦労。

いざ見つけても、時間帯によってはコインロッカーがすべて利用されていることも多く、『空いてない!』なんて事も。

以前、パリで友達と観光をしたとき、駅のコインロッカーが空いておらず、30分以上他のコインロッカーを探し回り、大変だった経験があります。
コインロッカー探しに、観光の為の大切な時間を使ってしまってはもったいないですよね。

そんな時、荷物が少ないと、持ち歩いても苦にならないので、コインロッカーに預ける必要がなくなります。

コインロッカーを探す手間も、コインロッカー代も浮き、時間もお金も節約できますよ。

移動が楽になる

旅行中は荷物を持って歩いて移動することも多いですよね。

電車移動やバス移動だと荷物を上げ下げする機会も多いです。
また、海外では駅の中にエレベーターやエスカレーターが無く、重いスーツケースや荷物をかかえて階段を上り下りしなければならないことも。
重い荷物・沢山の荷物を持っての移動は意外と疲れるものです。

そんな時、荷物が少ないと、移動が凄く楽でスムーズになります。

荷物をコンパクトにすることで、よりアクティブに動き回ることができ、行動範囲も広がります。

私は以前、パリで空港からホテルへ電車で移動しました。
その際、パリの駅(メトロ)にはエレベーターやエスカレーターがないところが多く、
20キロ以上の重たいスーツケースを持って何度も階段を上り下りし、その後、こんな石畳の道をスーツケースを引いて 歩いてホテルまで行きました。

その結果、凄く疲れて、次の日全身筋肉痛になり辛かったです(笑)

ちなみに同じヨーロッパのスイスもこのような石畳の道がいたるところにあります。※スイス フリブール

皆さんもヨーロッパ内を徒歩で移動する際は注意してくださいね。

疲れにくくなる

旅行中に長時間荷物を持ち歩いて、疲れた経験ありませんか?

同じ距離を歩いても荷物が多くて、重いと断然疲れやすくなります。
それに、重い荷物を長時間持ち歩いていると、気持ちまで重くなりますよね。

特にヨーロッパは石畳が多いので、普通に歩いているだけでも、普段より疲れを感じやすいです。

さらに、バッグをいつも同じ側で持ったり、重いスーツケースを片方の手ばかりで持ち歩いていると、姿勢が悪くなったり片方の肩や腕への負担かかることも。

荷物が少なく、軽いほど、体にかかる負担も少なくなるので、疲れにくくなります。

私は重いスーツケースをお持ち歩いていた頃は、旅行の後、筋肉痛になって よくマッサージに行っていました。
ですが、荷物を少なくするようになってからは筋肉痛になることはほとんどなくなり、肩こりもマシになりました。

荷物を軽くして、気持ちも軽く旅をしましょう!

防犯対策になる

海外で多いのが、スリや盗難、置き引き。 国内でも無いとは言い切れませんよね。

荷物の数が多いと、それだけ取られる物は多くなります。
また、荷物の数が増えるほど、置き忘れる可能性も高くなりますよね。

重い荷物を持っていると動きも鈍くなりますし、スリや盗難に遭う可能性は高くなります。

荷物が少なければ、このようなリスクを減らすことができます。

海外では日本から持っていく荷物だけでなく、現地に着いてからの観光でも、持ち物はできる限り減らして行動することをおすすめします!

パッキングに時間がかからない

意外と時間がかかるのが、旅行前の『パッキング』。
何を持って行こうか悩んで、なかなかパッキングが進まなかったことありませんか?

荷物が少なければ面倒なパッキングにかかる時間も短縮できます!
その分、旅行先の事を調べたり、他のことに時間を使うことができますよ。

帰って来てからの荷ほどきも楽ですし一石二鳥です!

旅行先に着いてからも、スーツケースの中の荷物が多いと、
必要な時に必要なものがなかなか見つからなかったりします。

荷物が少なく、スッキリ収納していると、必要な時にすぐ見つけることができ、時短になりますよ。

お土産をたくさん入れる事ができる

ヨーロッパ旅行ではショッピングやお土産選びも楽しみのひとつですよね。

ヨーロッパのスーパーに行くとこのように、珍しい美味しそうなお菓子がズラーっと並んでいるので、『思っていたより買ってしまった』ということが多々あります。

そして、旅行の帰りに「バッグ・スーツケースが閉まらない」、「お土産が入らない」という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

現地でのお買い物を考えると、出発前はスーツケースのスペースをできるだけ空けておきたいものです。

私は旅行先でお土産を買いすぎて
旅行先から自宅に宅急便で送ったり、新しいスーツケースを現地で買ったことがあります。
国内から宅急便で送るのならまだいいですが、海外からだと相当な費用がかかりますよね。
時間も手間もかかり結構大変でした。

荷物を減らすとその分スーツケースにスペースができる為、現地で買ったお土産などをたくさん入れることができます!!

私は、アメリカやパリなどショッピングが楽しい国に旅行へ行く際は、渡航前、スーツケースの半分はスペースを空けていくようにしています。

また、飛行機で移動する場合、空港で預けられる荷物の重量は各航空会社によって決まっており、
その基準を超えてしまうと、超過料金を支払う必要があります。
国際線だと6000~20000円かかることも!

荷物が少ないと、重量オーバーする可能性は低いので、余計な出費を抑えることができますよ。

ロストバゲージの心配がない

ロストバゲージとは、空港で預けたスーツケースなどの荷物を紛失されてしまうこと、またその紛失した荷物のことを指します。

ロストバゲージがよく起こるのは、海外旅行です。
私はまだ経験がありませんが、知り合いは何人も経験しています。

荷物だけ他の国に送られてしまったり、他の人が間違えて持って行ってしまったり、手元に戻ってこない可能性もあります。
補償でお金は戻るかもしれませんが、大切な人にもらった思い出のモノや、仕事の重要な書類などお金にかえられないものもありますよね。

飛行機に乗るとき、荷物をカウンターで預けなければロストバゲージの心配はありません。

また、空港のターンテーブルで荷物を待つものの、『いつまでたっても荷物が出てこない』という経験ありませんか?
機内持ち込みの手荷物だけで済む場合、飛行機が到着したら、いつまでも荷物を待つ必要がなく、スムーズに外に出ることができます。

海外旅行時に手荷物のみは厳しいかと思いますが、カウンターに預ける荷物の個数を減らすだけでも紛失のリスクは減らせますよ。

まとめ

今回は『ヨーロッパ旅行の荷物を減らす7つのメリット』をご紹介しました。

荷物を減らすとメリットが沢山あります。
本当に必要なものだけ持って行き、万が一何か必要になった際は現地で調達するのも楽しいですよ!

今度の旅は、いつもより荷物を減らし、身軽に旅行してみるのはいかがでしょうか。
身軽に旅して素敵な思い出をたくさん作ってくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。