2021年の節分は2月2日!124年ぶりに日付が変わる? 方角・恵方は?

日本にはお正月、端午の節句、七夕、花見など、伝統的な行事がたくさんあります。
そんな中で、2月にある伝統的な行事といえば「節分」がよく知られていますね。

2021年の節分は124年ぶりに2月2日というスペシャルな年!
この記事では節分の意味や、2021年の節分の日付・方角についてご紹介します。

スポンサーリンク

節分とは?

節分とは、その文字の通り、春、夏、秋、冬と四季の移り変わる節目のことをいいます。
本来は、節分は年に1回ではなく、4回あります。

昔は立春(春)が1年の始まりにも相当する大事な節目だったため、現在では立春(2月4日頃)の前日のみ節分といわれるようになりました。

なぜ豆まきをするのか?

節分の日には「鬼は外、福は内!」と唱えながら、豆投げ、悪いもの(邪気や鬼)を追い払い、良いもの(福)を呼び込むために「豆まき」をします。

豆まきの原型は奈良時代ごろに中国から日本に伝わり、大みそかに「追儺(ついな)」という厄払いの行事が宮中で行われるようになったのが豆まきのルーツだそう。

豆をまき、年の数だけ豆を食べると1年間病気にならないとも言われています。

また、豆まきだけでなく、イワシの頭を焼き、ヒイラギの葉とともに玄関に飾るヤイカガシという行事を行うところもあるそう。
イワシの臭気とヒイラギのトゲで、悪鬼の侵入を防ぐ魔除けの意味を持っているのだそうですよ。

豆まきのやり方

節分にはかかせない『豆まき』!正しい豆まきのやりかた知っていますか?
地域によっても違うとは思いますが、ここでは縁起の良いとされる伝統的な作法についてご紹介します。

豆まきには、お祓いを行った炒った大豆「炒り豆(福豆)」を使うのが良いとされています。

1、すべての戸や窓は開けておく

2、一番奥の部屋から窓の外に向かって『鬼は外』と言いながら豆をまく

3、窓を閉め、室内に向かって『福は内』と言いながら豆をまく

4、同じことを繰り返しながら鬼を追い出すように豆を撒き、玄関の方へ進んでいく

5、最後に玄関から、外に豆をまき玄関の戸を閉める

鬼は夜に現れるとされているので、豆まきをする時間帯は20時~22時頃がいいでしょう。

スポンサーリンク

2021年の節分は2月2日!

例年、節分は2月3日でしたが2021年は2月2日ですので、間違えないように注意しましょう。

「立春」と「節分」が例年よりも1日早くなるのは明治30年以来、124年ぶりだそうです!!
2021年以降は、2025年、2029年、2033年、2037年が2月2日の節分(2月3日が立春)です。

私は節分といえば毎年2月3日!と思っていたのですが、日付は固定ではなかったんですね!

2021年の恵方・方角は?

節分の日には恵方巻きを食べるという方も多いのではないでしょうか。
節分の夜にその年の恵方を向いて食べると、商売繁盛、無病息災、家内安全のご利益があると言われています。

そんな、2021年の方角(恵方)は、「南南東」(もっと正確にいうと南南東やや南)です。

恵方巻食べ方ポイント!

・つい切って食べたくなりますが、「縁が切れる」というゲン担ぎから、恵方巻きは切らずに長いまま食べましょう

・無言で祈りながら食べましょう(食べている時にしゃべると運が逃げてしまう説があります)。

・七福神にあやかって、7種類の具材が入った太巻きにすると尚良い(具は何でもOKです)

色々な食べ方のポイントはありますが、あまり難しく考えず、楽しみながら食べてくださいね。

まとめ

今回は、2021年の節分についてご紹介しました。

2021年の節分はある意味、歴史的でスペシャルな1日でもあるので、しっかり魔除け・厄除けをすると、運気上昇も期待できそうですね。

鬼を追い払って、沢山福を招き入れましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。